最近の投稿

  • 2018年12月 (1)
  • 2018年11月 (1)
  • 2018年10月 (2)
  • 2018年9月 (2)
  • 2018年7月 (1)
  • 2018年6月 (2)
  • 2018年5月 (9)
  • 2018年4月 (2)
  • 2018年3月 (2)
  • 2018年2月 (1)
  • 今年は9月30日(日)に『吉保八幡のやぶさめ』の祭礼

    流鏑馬祭りとは

    疾走する馬上から的を目がけて矢を放ち、翌年の稲作の豊凶適種を占う吉保八幡神社の祭礼神事で、県の無形民俗文化財に指定されています。
    この流鏑馬は、鎌倉時代までさかのぼるとも、安房国の国主・里見家が領民に武芸を広めようとして行われたものが始まりだとも言われています。的は、早稲・中稲・晩稲の稲の品種を意味し、長さ約5mの竹の先に取り付けられた1m四方の板で、直線約200mの馬場に3か所置かれます。「称宣」と呼ばれる射手が合計9本の矢を放ち、その矢の当たり具合から豊作・凶作・適種を占います。

     

    是非、今年の占いをタクシーで!

    特別に往復5,640円で行います!

    2018年09月18日

    鴨川市
    太海フラワーセンター
    かつうら海中公園
    鴨川陶芸館
    本多屋